ここ最近、スマホの「1,980円」が流行ってますね!

遂にドコモまで手を出してきたんですが、
個人的にドコモは「高飛車」「高い」イメージがあるので、
絶対に落とし穴があると思い調べてみました!

キャンペーン名称は『はじめてスマホ割』

名称通り、現在スマホの方はキャンペーンを受けることができません!

対象を以下にまとめますね!

・現在、折りたたみの携帯(通称:ガラケー)を使っている。

・現在の機種にしてから、18ヶ月以上経過している。

こんな人もいいみたいですよー!

以前に「スマホ」を使っていて、
今は「ガラケー」を使っていて18ヶ月以上経っている。

つまり、直近で「ガラケー」を18ヶ月以上利用していれば、
キャンペーンを受けることが出来るみたいですよー!

スマホに変更するときの条件もあるみたいですよー!

いま現在が「ガラケー」なら、プランが「FOMA」になっていると思うんですが、
「カケホーダイ」プランに変更することが必須みたいです!

インターネットをするための「パケットパック」も、
以下のいずれかのプランが指定だそうです!

・データパック(1番安くて3,500円)
・シェアパック
・らくらくスマートフォン(簡単スマホ)の場合は専用プラン

また、インターネットや「@docomo.ne.jp」のメールを使えるようにするために、
「SPモード」といったプロバイダが必須になります!

「SPモード」はガラケー時と同じ、月々300円です!

『1,980』の内訳は?

内訳は、以下の通りです!

・カケホーダイプラン
1,180円/月(通常2,700円。1,520円引き)

・シェアパック
500円/月(子回線)

・SPモード
300円/月

合計:1,980円

■シェアパックとは?
シェアパックとはインターネットの通信容量を複数回線で分け合うプランのことです!

例えると、「お父さん」が”スマホ”で「毎月5GB」まで高速通信ができる契約をしているとします。
それを、「お父さん」1人で使っていたのを「お母さん」と2人で使うことができるプランです!

つまり、家族にドコモのスマホを使っている人がいないと、
『1,980円』で利用することは不可能なんです!

実際に『1,980円』で持てる人はいない!

みなさんお忘れではないですか?
スマホは無料じゃないですよ!

そうなんです!
例えご家族と「シェアパック」を組めたとしても、
スマホの本体代金は支払わなければいけません!

結局のところ毎月いくら?

ドコモ公式HPの『はじめてスマホ割』ページ記載の、
おススメされている3機種で料金を計算してみますね!

共通料金

■基本料金は以下のどちらか
・カケホーダイ:1,180円/月(通常2,700円)

・カケホーダイライト:850円/月(通常1,700円)
※1通話あたり短めの方向け、5分以内の通話が無料。

■パケットパックは以下のいずれか

・データSパック(2GB):3,500円/月(最低料金を紹介)

・シェアパック:500円/月

・らくらくスマートフォン(簡単スマホ)の場合は専用プラン(200Mメガ):2,000円/月
※らくらくスマホのみ使えるプラン。らくらくスマホでも「シェアパック」も使えます。

■インターネットや「@docomo.ne.jp」のメールを使うためのプロバイダ料
・SPモード:300円/月

機種別料金

※シェアパックが使えたとして、
最低料金で計算します!
■XperiaTM Z5 Compact SO-02H

image-3

・分割金:2,080円/月×24ヶ月(月々割も引いた実質料金です)

1,980円+2,080円=

合計:4,060円

■arrows SV F-03H

image-4

・分割金:1,296円/月×24ヶ月(月々割も引いた実質料金です)

1,980円+1,296円=

合計:3,276円

■らくらくスマートフォン3(F-06F)

image-5

・分割金:432円×24ヶ月(月々割も引いた実質料金です)

1,980円+432円=

合計:2,412円

ついでに「iPhone6s 16GB」も!

a09

分割金:1,755円×24ヶ月(月々割も引いた実質料金です)

1,980円+1,755円=

合計:3,735円

まとめ

上記以外に携帯の「保険」が最低でも500円/月かかります!

やはりドコモを低料金で抑えるのにはハードルが高いですね!

対象の方は通常よりは確かに安いですが、

ドコモにこだわりが無ければ、

他の携帯会社を検討してもいいと思いますよー!

スポンサードリンク