プロ野球で予告先発をする意味や理由、
仮に破った場合どうなるんやろうと思い調べてみました!

予告先発をする理由

観客動員減少でファンサービスの一環として始まったみたいです!

ルールとしてはあまり深い意味はなさそうですね!

始めはパリーグの日曜日の試合だけだったそうですよ!

1994年からパリーグの全公式戦が対象になって、

セリーグは1994年シーズンのみ、
且つ、日曜日の全てのカードおよび巨人-広島戦の全試合だけだったみたいです!

2012年からようやくレギュラーシーズン全試合で採用されるようになったようです!

プレーオフ(クライマックスシリーズ)では2006年から採用されているみたいですが、
パリーグだけで、
セリーグでは採用されていないようです!

予告先発を破った時のペナルティー

アクシデントなどで先発投手を急遽変更する場合、

審判と相手チームの監督の了承が必要となるみたいで、

先発を回避した投手は3日間出場停止となるみたいです!

まとめ

昔からあるイメージでしたが
意外と最近はじまったルールなんですね!

セリーグは何かと値打ちこいているのか、
採用するのが遅いですね!

反対派もいるみたいで、
落合博満さんや野村克也さんは反対派みたいですね!

「勝負は監督同士の読み合いから始まる。予告先発は相手に手の内をばらすもの」
「相手チームの先発投手の起用を予想してオーダーを組むのも立派な戦略の一つだ」
「先発投手を予想するのもファンの楽しみの一つ」

なんとなくあの2人が言いそうなことですよね!

ペナルティーは知らなかったですねー!
結構起こるみたいなんで、注目してみてみたいですねー!

スポンサードリンク