昨日の日本代表サッカーを見て感じたのが、
これ以上、日本のサッカーは強くならない!

個々の技術とかの問題ではなく、
国レベルの問題!

もう少し砕いて言うと、
国民性の問題ですね!

と言うのも、
昨日は先輩方と観戦をしていたんですが、

キックオフ前にふと疑問になったことがあったんです。

サッカー観戦をしていると、よく
「ホームで負けた」や「次はアウェーだから」
などを耳にしますよね!

これの意味がわからなかったんです!
確かに移動距離・時差はあると思うんですが、

何日も前から入国していてそんなに影響があるもの?
やることは同じじゃない?

そんなにナイーブな体?
準備がへた?

こいつらサポーターがいないと弱くなるの?

などいろいろ思っていたんです!

でも先輩に聞いているとそういう事ではないみたいですね!

例えば日本がアウェーの国に行ったとすると、
ひどい国では日本の宿泊する部屋だけ、

水をでなくしたり、
食事の量が少なかったり、
タイムスケジュールを狂わしたりと

他にも嫌がらせが半端ないみたいですね!

「いや、それがサッカーなら日本もやれよ!」
と思ったんですが、絶対日本じゃやらないですよね!

仮にやったとしても、
絶対に叩かれますよね!

「それが日本のいいところ」
と言ってしまえばそれまでですが、
日本のサッカーもそれまで。

「嫌がらせもサッカーの一部」
は言い過ぎかもしれませんが、

国全体で戦ってますよね!

ある意味「団結力」があると思います!

日本はそう考えると「他人は敵」みたいな国ですよね!

自分を守るために人の目ばかり気にする。

自分を守るために人の粗探しばかりする。

これじゃ「団結力」もクソもないですよね!

日本人は道徳的すぎるんです!

もう少しハングリー精神を持ってもいいと思います!

スポンサードリンク