プロ野球セ・パ両リーグの日本一を決める日本シリーズですが、
試合を行う球場は日本シリーズ進出の両チームの本拠地で行いますよね。

そこでふと思ったのが、
昔は読売ジャイアンツと日本ハムファイターズの本拠地球場が同じでした。

・~1988年まで両チーム後楽園球場が本拠地

・1988年~両チーム東京ドームが本拠地

・2004年~北海道日本ハムファイターズとし本拠地も札幌ドームに移す

2003年までの話ですが、この2チームが日本シリーズを行った場合、全試合同じ球場になる?
と思って過去の日本シリーズを調べてみました!

日ハムの日本シリーズ進出が少ない!

日本シリーズは1950年から開催されているのですが、
2003年までの間で日ハムが進出しているのはたったの1回でした。

ただその1回、1981年の相手が巨人でした!
第6戦まで行われたんですが全試合、後楽園球場でした!


・第1戦:日本ハムファイターズが本拠地として開催
・第2戦:日本ハムファイターズが本拠地として開催
・第3戦:読売ジャイアンツが本拠地として開催
・第4戦:読売ジャイアンツが本拠地として開催
・第5戦:読売ジャイアンツが本拠地として開催
・第6戦:日本ハムファイターズが本拠地として開催

ちなみに結果は4勝2敗で巨人が日本一でした。

それ以降の両チームの日本シリーズは2009年、2012年と既に日本ハムは北海道に本拠地を移していて東京ドームは準本拠地となっています。

この結果で再認識できたのは、日本ハムは北海道に移転するまでは弱小チームで人気もないチームだったということですね。

今と比べれば人気は大違いですが、2017年はまたまた弱小に戻りつつありますね。
来季以降、若手の成長に期待したいですね。

スポンサードリンク